アウディ Q8、早くもアプトがカスタマイズ…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル
  • アウディ Q8のアプト・スポーツラインのカスタマイズモデル

アプト・スポーツライン(ABT Sportsline)は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、アウディ『Q8』(Audi Q8)のカスタマイズモデルを初公開すると発表した。

アプト・スポーツラインは、ドイツに本拠を置き、アウディとフォルクスワーゲンのトップチューナーとして知られる存在だ。アウディと協力し、「フォーミュラE」にも参戦している。

アプト・スポーツラインはジュネーブモーターショー2019において、欧州で発売されて間もないアウディのフラッグシップSUV、Q8のカスタマイズモデルを初公開する予定だ。

直噴3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルエンジンの「TDI」をチューニング。ABTエンジンコントロールユニットを装着することにより、最大出力は286hpから330hpへ、最大トルクは61.2kgmから66.3kgmへ、引き上げた。ベース車両の「Q8 50 TDI」に対して、44hp、5.1kgmの強化となる。

内外装には、アプト・スポーツラインらしいカスタマイズを施した。専用のエアロパーツをはじめ、22インチホイールを装着。インテリアは、シフトレバーカバー、シフトゲートカバー、シートフレームカバーなどをカーボンデザインに変更している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集