トヨタ、燃料電池タクシー600台の配備目指す…欧州で新合弁

燃料電池車のみのタクシーサービス「HYPE」に導入のトヨタ・ミライ
  • 燃料電池車のみのタクシーサービス「HYPE」に導入のトヨタ・ミライ
  • 燃料電池車のみのタクシーサービス「HYPE」に導入のトヨタ・ミライ
  • 燃料電池車のみのタクシーサービス「HYPE」に導入のトヨタ・ミライ

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月21日、水素モビリティのさらなる推進を目指して、合弁会社の「HysetCo」を設立した、と発表した。

この合弁会社は、エアリキード、idex、STEPの3社と共同で設立された。トヨタはこの合弁会社において、フランス・パリ市内に2020年末までに、600台の燃料電池タクシーを配備することを目指す。

フランス・パリを中心に行われている世界で初めての燃料電池車のみのタクシーサービスが、「HYPE」だ。HYPEとは、「Hydrogen Powered Electric Taxi Service」の略。フランスの大手ガス会社、エアリキードが、水素ステーションを設立し、このプロジェクトを後押ししている。

トヨタモーターヨーロッパは2017年7月、このプロジェクトに参画し、燃料電池車のミライ25台がタクシーとして配備。その後、HYPEはミライの導入を増やし、現在の燃料電池タクシーの配備台数は100台に到達している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集