ボルグワーナー、電動化戦略を加速…モーター技術2社を買収

ボルグワーナー(BorgWarner)は2月19日、ラインハート・モーション・システムズとAMレーシングの2社を買収し、新会社のカスカディア・モーション社を設立すると発表した。

ラインハート・モーション・システムズとAMレーシングの2社は、米国オレゴン州に本拠を置き、モーター関連技術を手がけている。ラインハート・モーション・システムズは、モータースポーツ、二輪車、バスなどの電動化向けインバーターや制御システムを開発。AMレーシングは、モーターやギアの設計と生産を行っている。

今回の買収は、ボルグワーナーの電動化戦略を加速させる一環だ。2社を買収して設立する新会社のカスカディア・モーション社では、フル電動およびハイブリッドパワートレインシステムの設計、開発、生産を行う。

カスカディア・モーション社ではまず、少量生産車両向けの電動パワートレインを製造する予定だ。大量生産が必要となれば、ボルグワーナーのグローバル生産施設を活用する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 欧州と中国の両自工会が提携、電動化やコネクト&自動運転で協力へ 画像 欧州と中国の両自工会が提携、電動化やコネクト&自動運転で協力へ
  • VWグループ、電動化に向けて新ブランド立ち上げ…モーターやバッテリーを生産 画像 VWグループ、電動化に向けて新ブランド立ち上げ…モーターやバッテリーを生産
  • GMに新社長が就任、電動化や自動運転推進のロイス上級副社長が昇格 画像 GMに新社長が就任、電動化や自動運転推進のロイス上級副社長が昇格
  • ホンダ 八郷社長「欧州市場からの撤退は考えていない」…グローバルでの生産配置の適正化へ 画像 ホンダ 八郷社長「欧州市場からの撤退は考えていない」…グローバルでの生産配置の適正化へ

特集

おすすめのニュース