リチウムイオン二次電池世界市場、2022年には2.3倍の7兆3914億円に拡大…富士経済

LIB世界市場
  • LIB世界市場

富士経済は、需要拡大が続くリチウムイオン二次電池(LIB)市場を調査、その結果を報告書「2018 電池関連市場実態総調査 No.2」にまとめた。

今回の調査では、「小型民生用(シリンダ型、角型、ラミネート型)」「xEV用」「ESS、UPS、BTS用」の3品目のLIBをはじめとする二次電池8品目、一次電池8品目、LIB用制御部品5品目、LIB主要応用製品4品目、計25品目の市場を調査・分析した。

報告書によると、LIBの世界市場は2022年には2017年比2.3倍の7兆3914億円に拡大すると見ている。

小型民生用はシリンダ型が中心。テスラをはじめとするEVでも使用されており、需要が増加している。また、充電式電動工具や電動アシスト自転車向けも、ニカド電池からLIBへという流れが加速。角型はラミネート型への切り替えの影響から縮小していくとみられるが、ラミネート型はスマートフォンやウェアラブルデバイス向けが好調であり、小型民生用市場は拡大していくと予想される。

xEV用は中国などを中心に市場が拡大。中国では、乗用車のほか、バスや物流などの専用車で電動化が進んでおり、今後も市場は大幅に拡大していくとみられる。

ESS(エネルギー貯蔵システム)、UPS(無停電電源装置)、BTS(バックアップ電源)用では、再生可能エネルギー発電の普及に伴いESSで需要が増加。BTSでは鉛蓄電池からLIBへの切り替えが進み好調。また、5Gのサービスが2019年に欧米で、2020年には日本で開始になるとみられ、これによりBTSでLIBの需要増加が期待される。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集