ルノー クリオ 新型、フルデジタルコクピット採用へ… インテリアを先行公開

ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシアに相当) 新型

ルノー(Renault)は1月28日、新型『クリオ』(日本名:『ルーテシア』に相当)のインテリアを先行公開した。

現行モデルは4世代目で2012年秋、フランスで開催されたパリモーターショー2012でワールドプレミアされた。新型はおよそ6年半ぶりのモデルチェンジを受けて、5世代目モデルとして登場する。

新型クリオのインテリアの特徴が、最新のコネクティビティ技術を反映させた「スマートコクピット」の採用だ。ダッシュボード中央には、欧州Bセグメント車でクラス最大級の9.3インチ縦型マルチメディアモニターを装備する。

このマルチメディアモニターは、ドライバーの方に画面を向けてレイアウトされる。新開発の「EASY LINK」コネクテッドシステムを備えたモニターには、マルチセンシング、ナビゲーション、インフォテインメントのすべての機能を集約する。

また新型では、ドライバー正面のメーターパネルがデジタル化されたフルデジタルコクピットを採用する。10インチのTFTスクリーンには、ドライバーにナビゲーションを含めた各種情報を見やすく表示する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース