ドゥカティ初の電動アシスト機能付きMTB、受注を欧州で開始

ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR
  • ドゥカティMIG-RR

ドゥカティは1月28日、同社初の電動アシスト機能付きのMTB(マウンテンバイク)、『MIG-RR』(Ducati MIG-RR)の受注を欧州で開始した。

MIG-RRは2018年11月、イタリアで開催された「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において初公開された。イタリアの「Thok Ebikes」とドゥカティが共同開発したMTBだ。単なるMTBではなく、電動アシスト機能が付いた「e-マウンテンバイク」となる。

電動パワートレインは、日本のシマノ(Shimano)製を搭載する。重さ2.8kgの小型モーターは最大出力250W、最大トルク7.1kgmを引き出す。バッテリーの蓄電容量は504Whとした。ブレーキもシマノ製の4ピストンを装着する。

カーボンファイバー製のハンドルバーやアルミ製フレームを採用するなどして、重量は22.5kgに抑えた。サスペンションはFOX製で、フロントが170mm、リアが160mmのストローク量を備えている。

ドゥカティは、このMIG-RRの受注を欧州で開始した。顧客への引き渡しは、4月から開始される予定だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集