スバル、プライベートファンドを通じて米国と日本の3社に出資

スバル 本社
  • スバル 本社

SUBARU(スバル)は、2018年7月9日にSBIインベストメントと共同で設立したプライベートファンド「スバル-SBI イノベーションファンド」を通じて、同年12月末までに米国のバイ・エアロスペースとエーアイ、日本のアプトポッドの計3社に出資を行ったと1月15日に発表した。

バイ・エアロスペース(Bye Aerospace Inc)の所在地は米国コロラド州で、2007年設立。事業内容は小型電気飛行機の開発、製造、販売。

エーアイ(AEye Inc)の所在地は米国カリフォルニア州で、2013年設立。事業内容は自動車、重機等向け物体検知センサー、ソフトウェア開発。

アプトポッドの所在地は東京都新宿区で、2006年設立。事業内容はインターネット回線でのデータ高速伝送・収集・リアルタイム双方向伝達技術の提供。

スバルは同社の基幹ビジネスである自動車と航空宇宙事業において、従来の延長線上の技術・商品を突き詰めるだけでなく、新しいビジネスや技術にチャレンジすることが必要不可欠と考えて同ファンドを設立、今回の出資に至った。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集