大画面カーナビ アルパイン ビッグX、エクストレイル専用モデル発売へ アラウンドビューモニターにも対応

アルパイン ビッグX(エクストレイル専用モデル)
  • アルパイン ビッグX(エクストレイル専用モデル)
  • アルパイン ビッグX(エクストレイル専用モデル)
  • アルパイン ビッグX(エクストレイル専用モデル)

アルパインは、日産『エクストレイル』専用となる大画面10型カーナビ「ビッグX」を2月下旬より発売すると発表した。

ラインアップは、インテリジェントアラウンドビューモニター対応の「EX10Z-XT-AM」(対応年式:2017年6月~現在)と、「EX10Z-XT」(対応年式::エクストレイル 2013年12月~現在、エクストレイルハイブリッド 2015年5月~現在)の2機種となる。

新製品は、高画質WXGAの10型大画面を搭載。地図が見やすいことはもちろん、テレビやDVD、動画も高画質で楽しむことができる。また、正面はエクストレイルのフロントグリルを、サイドのクラスターパネルはルーフレールをイメージしたタフなSUVテイストのデザインを採用。さらにエクストレイル専用のオープニング演出を格納し、イグニッションオンでエクストレイルのフロントマスクとともに専用サウンドが奏でられる。

機能面では、声でカーナビ操作が行える「ボイスタッチ」を搭載。よく使うショップの周辺検索から目的地/ルート設定までを声で操作。走行中でも目的地設定を行うことができる。さらに画面に割込み表示された情報や操作のキャンセルも声で操作可能。ステアリングから手を離すことなく、安全で快適なカーナビ操作をサポートする。

価格はいずれもオープン。

アルパインではこの他、エクストレイル専用の「Xシリーズ」ツィーター専用取付けキット「KTX-N32XT」を2月下旬(予定)より発売する。

新製品はBSW(後側方車両検知警報)/RCTA(後退時車両検知警報)インジケーター有り/無し車両の両方に対応。インジケーター無し車両用にブラインドカバーが付属する。価格(税別)は5500円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集