VRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期…アウディがCES 2019で発表へ

アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術
  • アウディのVRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術

アウディ(Audi)は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、VRコンテンツと車の動きをリアルタイムで同期させる新技術を初公開すると発表した。

この新技術は、新しい車載エンターテインメント向けに開発された。後席の乗員は将来、VRゴーグルを使用することにより、映画、ビデオゲーム、インタラクティブなコンテンツを、より臨場感あふれる映像として体験できるようになるという。

アウディはディズニーインタラクティブと共同で、後席乗員向けのVR体験コンテンツ、「ロケッツレスキューラン」(Rocket’s Rescue Run)を制作した。アウディ初の市販EV、アウディ『e-tron』の後席に座った乗員は、VRゴーグルを装着することによって、幻想的な宇宙空間を旅することができる。

このVRコンテンツでは、アウディe-tronが「ガーディアンズ オブ ギャラクシー」(銀河の守護者)が搭乗するスペースシップとなり、2019年の春に公開されるマーベル映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場するロケットと一緒に、小惑星帯の中を進んでいく。

車両のあらゆる動きは、リアルタイムでバーチャル映像に反映される。車両が急カーブを曲がると、プレーヤーは、バーチャルリアリティの中でスペースシップの反対側へと回り込む。アウディe-tronが加速すると、スペースシップも加速する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集