コンチネンタルが「インテリジェント交差点」、車と交差点が通信…CES 2019で発表へ

コンチネンタルの「インテリジェント交差点」
  • コンチネンタルの「インテリジェント交差点」

コンチネンタル(Continental)は12月17日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、「インテリジェント交差点」を初公開すると発表した。

インテリジェント交差点は、コネクテッドカーと交差点が通信を行うことにより、交差点での事故を減らす目的で開発された。交差点のセンサーが得た情報を、DSRC通信によって、車両に伝達する。

たとえば、交差点でドライバーの死角に入っている歩行者がいることを、ドライバーに警告することができる。また、信号が変わるタイミングをドライバーに知らせることにより、ドライバーはあらかじめ速度を調整して、交差点を青信号で通過することができるようになる。

また、コンチネンタルのインテリジェント交差点では、混雑や渋滞の多い場所の情報収集が可能になる。これにより、交通の流れを最適化し、安全や環境にも配慮できるという。

なお、コンチネンタルはCES 2019の期間中、米国カリフォルニア州ウォルナットクリークにおいて、インテリジェント交差点の公道デモを行う、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース