新サービス「タイムズカー」のトライアル開始、カーシェアとレンタカーのイイとこ取り

タイムズ 新ロゴ
  • タイムズ 新ロゴ
  • レンタカー/カーシェアのメリットおよびデメリット
  • タイムズカーの概要

パーク24は、カーシェアリングとレンタカーそれぞれの強みを組み合わせた、新モビリティサービス「タイムズカー」の本格展開に向け、2019年1月よりトライアルを都内で開始すると発表した。

パーク24は、2009年よりカーシェアリングサービスおよびレンタカーサービスを開始し、それぞれのサービスで、貸出拠点や配備車両数の拡大を推進するとともに、サービス機能の向上に取組んできた。

しかし、レンタカーには、長期間利用可、チャイルドシートや洗車サービスのオプション、豊富な車種バリエーション、予約の制限が少ないといったメリットがある反面、短時間の利用料が高い、営業時間外の利用不可、貸出拠点数が少ない、出発手続きが煩雑といったデメリットがある。

カーシェアも15分からの短時間利用可、24時間利用可、貸出拠点数が多い、利用時の店頭手続き不要、わかりやすい料金体系といったメリットがある一方、長期間の利用不可、オプションサービスがない、車種が限定される、1車室1台のため予約が限定されるといったデメリットを持つ。

タイムズ24では、モビリティサービスの機能向上をさらに推進するため、両サービスのメリットを取り入れた「タイムズカー」を新たに展開していく。タイムズカーは、最短15分から複数日数まで利用可能とし、チャイルドシートや洗車等のオプションサービスも用意。レンタカー並みの車種を取り揃え、1か月前からの予約に対応する。

タイムズカーは2019年1月より、東京都千代田区のタイムズステーション・イトシアおよびタイムズ東京ガーデンテラス紀尾井にて、トライアルとしてサービスの一部提供を開始。トライアルの中で実施サービスの検証・見直しを行い、本格サービス化に向けて準備を進め、2019年10月には1万台規模での提供を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集