プジョー 308 改良新型、新型エンジンや8速ATなどを追加導入

プジョー 308
  • プジョー 308
  • 新開発1.5リットルエンジン(DV5)
  • プジョー 308
  • プジョー 308
  • プジョー 308
  • プジョー 308
  • プジョー 308
  • 電子制御8速オートマチック「EAT8」

プジョー・シトロエン・ジャポンは、新型エンジンや8速ATなどを追加導入したプジョー『308』改良新型を12月17日より発売する。

今回、クリーンディーゼルモデル「BlueHDi」に、新開発1.5リットルエンジン(DV5)と新世代電子制御8速オートマチック「EAT8」を搭載する。新エンジンは、新設計のシリンダーヘッドや燃焼室形状、2000barの新インジェクション、新排気浄化システムSCRFなどの採用や、各部DLC(ダイヤモンドライクコーティング)処理によるフリクション軽減で性能向上。1.6リットル(DV6)からダウンサイジング化したにもかかわらず、最高出力は130ps(従来比+10ps)、全域で従来型エンジンを上回るパワー/トルクを発揮する。さらに燃費は「308 アリュール BlueHDi」で従来型比+15.7%の24.3km/リットル(JC08モード)を達成。排ガス規制についても「ユーロ6.2」をクリアし、今後のより厳しい規制にも対応できるポテンシャルを持つ。

また、ガソリンエンジンもユーロ6.2に対応するために各部を改良。新インジェクションシステムを採用し、250barの高圧燃料噴射ポンプや2つのセンサー、ガソリン専用GFP(Gasoline Particle Filter)を搭載しいたほか、ターボチャージャーの制御を電子制御式に変更した。

新世代電子制御8速AT「EAT8」は、3つのドライブモードを選択可能。「エコモード」は、エアコンの最適化、フリーホイール機能により燃費走行に貢献する。「通常モード」はシフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートを最適化。「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更を行うことができる。なお、今回の新ラインアップで308は全車8速AT&パドルシフト付きとなった(GTiを除く)。そのほか、アクティブクルーズコントロールを全車標準装備、Apple CarPlayに対応するスマートフォン接続機能「プジョーミラースクリーン」を搭載する。

また、新エンジン導入を記念した特別仕様車「308 GTライン」を設定する。特別仕様車はチェッカータイプフロントグリル&リアアンダーガーニッシュや17インチアロイホイール、GTライン エクステリア(サイドスカート)&レッドステッチ・インテリア(革巻小径スポーツステアリング/シート/ドアトリム/アームレスト/フロアマット)を装備。さらに、アクティブクルーズコントロール、アクティブセーフティブレーキやアクティブブラインドスポットモニターシステム、パークアシストなど、安全装備も充実させた。

価格はディーゼルモデルが304万9000円から354万7000円。ガソリンモデルは283万9000円から308万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ディーゼルは“味”か、経済性か…プジョー・シトロエンの本命エンジン「BlueHDi」を語る 画像 ディーゼルは“味”か、経済性か…プジョー・シトロエンの本命エンジン「BlueHDi」を語る
  • 世界最強のディーゼルSUV誕生か、アルピナ「XD7」開発車両がニュル激走 画像 世界最強のディーゼルSUV誕生か、アルピナ「XD7」開発車両がニュル激走
  • スープラ 新型のカモフラージュパターンがクリスマスギフトに? 英トヨタ 画像 スープラ 新型のカモフラージュパターンがクリスマスギフトに? 英トヨタ
  • フォルクスワーゲンが「IQ.DRIVE」、自動運転や先進運転支援技術のブランド名に 画像 フォルクスワーゲンが「IQ.DRIVE」、自動運転や先進運転支援技術のブランド名に

特集