特異な現象としては一番、CX-8…小沢コージ【日本カーオブザイヤー2018-19】

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:マツダCX-8
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:マツダCX-8
  • マツダCX-8
  • マツダCX-8
  • マツダCX-8
  • マツダCX-8
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:マツダCX-8

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」はボルボ『XC40』が選出された(7日、主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。「今年はクルマ界の象徴であり、代表車を選ぶのが難しい年」と語る選考委員の小沢コージ氏はマツダ『CX-8』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された小沢氏のコメント。

☆☆☆

今年はクルマ界の象徴であり、代表車を選ぶのが本当に難しい年。インパクトがあったのはスズキ『ジムニー』だったと思う一方、かつて日本の国民車だったトヨタ『カローラ』の変貌も大きい。ただ残念ながらメインはハッチバックではなくセダンで、来年以降が本当の勝負。

そこで敢えてマツダCX-8を選びたい。現在の事実上の日本のファミリーカーのメインストリームは箱型3列シートミニバン。そこに分け入ったのが、SUVでありながらミニバン並みの使い勝手、広さを持つCX-8。走りや質感もミニバン以上。それでいて300万円前後から始まる戦略的価格が凄い。日本を席巻するまでには至らなかったが、特異な現象としては一番だったと考える。

☆☆☆

小沢氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
マツダCX-8:10点
三菱エクリプスクロス:5点
BMW X2:3点
ボルボXC40:3点
フォルクスワーゲン・ポロ:4点

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集