4つの「できた」を体感、鈴鹿に新バイクアトラクションシリーズ登場 3月21日

4つの異なるバイクアトラクション
  • 4つの異なるバイクアトラクション
  • モトファイター
  • モトファイター 俯瞰図
  • アクロバイク
  • アクロバイク 俯瞰図
  • キッズバイクトレーニング
  • キッズバイクトレーニング 俯瞰図
  • ピンキーバイクプラス

鈴鹿サーキットは、子どもの年齢や成長にあわせて4つの異なるチャレンジが楽しめる、新たなバイクシリーズを2019年3月21日にグランドオープンする。

新バイクシリーズには、本気になってタイムアタックすることでスピード感が味わえる「モトファイター」と、テクニックを磨きバイクを乗りこなす楽しさが味わえる「アクロバイク」が新登場。また、3歳から乗車できる「ピンキーバイク」、1人でバイクに乗るチャレンジができる「キッズバイク」がリニューアルして登場する。

モトファイターは、バイクの臨場感やスピード感を子どもから大人まで味わうことができるアトラクション。鈴鹿サーキットオリジナルのレーシングバイクにまたがり、親子や友達と一緒にコース1周の速さをタイムアタック形式で競う。国際レーシングコースの特徴を取り入れたS字やヘアピンといったコーナーを、アクセルワークや体重移動を駆使して走り抜け、最速のラップタイムを目指す。利用条件はキッズバイクSライセンス保持者または小学3年生以上で料金は700円。

アクロバイクは、日本初の立体オフロードコースを、専用のモトクロスバイクで走り抜けるバイクアトラクション。高低差30cmのデコボコ道や、幅最小15cmの1本橋といったアスレチックのようなコースを3分間走り続け、テクニックを磨き数々の難関セクションのクリアを目指す。利用条件はキッズバイクSライセンス保持者または小学3年生以上で料金は600円。

キッズバイクは今回、モトファイターとアクロバイクにチャレンジするためのトレーニングを行うアトラクションとして生まれ変わる。専用の練習コースでスタッフからバイクの乗り方を教わった後は、“止まれ"や“凸凹"といったモトファイターやアクロバイクのコースをイメージした路面を走ることで、次のバイクアトラクションにチャレンジする目標を与えるとともに、1人でバイクに乗る達成感を体感できる。利用条件は補助輪なしで自転車に乗れる3歳~小学生で料金は500円。

アクセルやブレーキといった、バイク特有の操作を体験できるピンキーバイクは、“郵便屋さん”や“警察官”といったなりきり要素を追加し、より自発性を高めるアトラクションとして生まれ変わる。5つの職業に沿ってデザインされたバイクと、専用のコスチュームを着用し、初めてのバイク体験を楽しむことができる。また、子どもが初めてバイクにチャレンジする姿を思い出に残せるよう、フォトエリアが登場する。利用条件は3歳以上で料金は300円。

なお4アトラクションともゆうえんち「モートピア」パスポートが利用できる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集