ジープ コンパス、オートクルーズが解除できないおそれ リコール

ジープ・コンパス(2017年)
  • ジープ・コンパス(2017年)
  • 改善箇所

FCAジャパンは11月22日、ジープ『コンパス』のパワートレインコントロールモジュールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年10月14日~2018年8月8日に輸入された1187台。

パワートレインコントロールモジュールの制御プログラムが不適切なため、オートクルーズ作動時にモジュールの通信配線に障害が生じた場合、解除不能となることがある。そのため、意図せずに車両が加速するおそれがある。

改善措置として、全車両、パワートレインコントロールモジュールの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報により届け出た。

なお、本リコールは7月20日に届け出ているが、対象範囲の拡大が必要だったことが判明したため、再リコールを実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集