【三菱 デリカD:5 新型】予価385万円より予約受注を開始、東京オートサロン2018に参考出品

三菱デリカD:5新型
  • 三菱デリカD:5新型
  • 三菱デリカD:5新型
  • 三菱デリカD:5新型
  • 三菱デリカD:5新型
  • 三菱デリカD:5アーバンギア
  • 三菱デリカD:5アーバンギア
  • 三菱デリカD:5新型
  • 三菱デリカD:5新型

三菱自動車は11月21日、2018年度内の発売を計画している新型『デリカD:5』を「東京オートサロン2019」(1月11~13日:幕張メッセ)に参考出品すると発表した。また同日より予約注文の受付を開始する。

新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」やマルチLEDヘッドライトを採用し、一目で新型と分かる特徴的なエクステリアとした。また、インストルメントパネルのデザインを一新。運転しやすくダイナミックな直線基調で構成されたインストルメントパネルに力強いサバ杢(原木が二又に分かれるサバ部分)柄の立体木目を採用し、オールラウンドミニバンとしての機能性と上質さを兼ね備えた。

加えて、予防安全技術「e-Assist」を新規採用し、衝突被害軽減ブレーキシステムや後側方車両検知警報システム、後退時車両検知警報システムなどにより、安全性を高めた。また遮音材と吸音材の採用箇所を増やすことで、静粛性を大きく向上。加えて、大画面10.1型ナビゲーションを新たにディーラーオプションで設定することで利便性を高めた。

パワートレインは、2.2リットルのクリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードATを組み合わせ、よりパワフルかつ静かで滑らかな走りへと進化した。電子制御4WDには新たにヨーレイトフィードバック制御を追加。車両の旋回運動を的確に判断し、ハンドル操作に忠実な車両挙動を実現する。また、ディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する尿素SCRシステムを三菱自動車として初採用した。

さらに新型デリカD:5では、洗練されたモダンなデザインの「アーバンギア」を新規設定した。エクステリアは専用デザインのソリッドかつクリーンなフロントメッキグリルと、ワイド感と安定感のあるフロントバンパー、ドアガーニッシュにより、ダイナミックな塊感を表現。また、マフラーの切り欠きを廃したリヤバンパーと、洗練されたイメージのリヤゲートガーニッシュ(クリア)を採用し、モダンでクリーンなスタイリングとした。インテリアはバール杢(根の近くの瘤こぶにできる希少価値の高い木目)を再現し、艶の高い青みの黒木目をアクセントに配した。

価格は約385万~約425万円となる予定。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集