日産のゴーン会長に複数の重大な不正…解任へ

日産自動車は19日、同社のカルロス・ゴーン代表取締役会長らによる重大な不正行為があったと発表した。

ゴーンとグレッグ・ケリー代表取締役は、開示されるゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたという。

日産自動車は内部通報を受けて、数か月間にわたり、ゴーンおよびケリーによる不正行為について内部調査を行なってきたという。その結果、2人は、開示されるゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明した。

そのほかゴーンについては、日産の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められ、ケリーがそれらに深く関与していることも判明した。

日産自動車は、ゴーンの会長および代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案する予定だ。またケリーについても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案するという。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース