核兵器も毒ガスも怖くない!装甲車「セネターAPC」、市販化へ

自動車 ニューモデル 新型車
セネター APC
  • セネター APC
  • セネター APC
  • セネター APC
  • セネター APC
  • セネター APC
  • セネター APC
  • セネター APC
  • セネター APC
カナダを拠点とする「Roshel Defence Solutions」(ロシェル・ディフェンス・ソリューションズ)は、新型装甲車『SENETOR APC』(セネター APC)を発表した。

ほぼ戦車レベルのハードなエクステリアが見て取れるように、そのディフェンスレベルはもはや地球最強だ。ポピュラーな「50キャリバー」と呼ばれる50口径のM2マシンガンを跳ね返す防弾ガラス、耐火性フロア、攻撃する銃口穴を装備する他、「CBRM」と呼ばれる防護システムは、核兵器、化学兵器、放射線などから守る。またサーモグラフィーで敵を検知するレーダー、高解像度カメラ、火星まで信号を送ることが可能な強力ライトなどを装備している。

パワートレインは、6.7リットルのターボチャージャー・ディーゼルエンジンを搭載しており、駆動方式はもちろん4WDだ。

驚くのは、軍用としての納入だけではなく、一般にもカスタムして販売する予定があるという。

核兵器も毒ガスも怖くない!地球最強の装甲車「セネターAPC」、市販モデルも発売に

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集