世界最強のディーゼルSUV誕生か、アルピナ「XD7」開発車両がニュル激走

アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真
  • アルピナ XD7 スクープ写真

アルピナ初の大型SUVとなる『XD7』がいよいよ登場する。ニュルブルクリンクで高速テストを開始した様子を、スクープサイトSpyder7のカメラが捉えた。ベース車となるのはもちろん、BMWの新型SUV『X7』だ。

ニュルで捉えたそのプロトタイプは、初期テスト車両のため、フロントのコーナーエアインテーク形状以外、ベースとなるX7との差はほとんど見られない。しかしヒントはナンバープレートにある。「OAL」は、アルピナ本社があるバイエルン州のオストアルゴイ地区を指している。

BMWは現在、4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載するハイパフォーマンスモデル『X7 M』を開発していると噂されているが、アルピナは世界最強ディーゼル『X7 M50d』から流用する、3リットル直列6気筒クワッドターボディーゼルを搭載。スープアップされるエンジンは最高出力450psから470psを発揮すると予想されている。

最終的な市販型XD7には、マルチスポークホイール、エッジの効いた専用バンパー、クワッドエキゾーストパイプを搭載すると見られる。また、2.3tの巨体のわりにコーナーので傾斜が少なく見えることから、強化された専用サスペンションも装備している可能性がある。

アルピナXD7のワールドプレミアは、2019年9月のフランクフルトモーターショーあたりが予想される。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集