シトロエンの名車 2CV、誕生70周年を祝う…パリモーターショー2018

2CVの誕生70周年を祝うシトロエンブース(パリモーターショー2018)
  • 2CVの誕生70周年を祝うシトロエンブース(パリモーターショー2018)
  • 2CVの誕生70周年を祝うシトロエンブース(パリモーターショー2018)
  • 2CVの誕生70周年を祝うシトロエンブース(パリモーターショー2018)
  • 2CVの誕生70周年を祝うシトロエンブース(パリモーターショー2018)
  • シトロエン 2CV
  • シトロエン2CV
  • シトロエン2CV
  • シトロエン2CV

シトロエンはパリモーターショー2018において、シトロエン『2CV』(Citroen 2CV)が誕生70周年を迎えた、と発表した。

2CVは、シトロエンを象徴する名車のひとつ。今から70年前の1948年、パリモーターショーにおいて、フランスのヴァンサン・オリオール大統領が出席してワールドプレミアが行われた。2CVは、「卵を一つも割ることなく、卵が詰まったバスケットを載せて農道を走れる」、「コウモリ傘に四輪を付けた車」などと称されていた。

シトロエン2CVには、当時としては画期的なテクノロジーを搭載。前輪駆動、空冷2気筒エンジン、独自のサスペンションなどが挙げられる。発売からわずか数日で、多くの受注を抱える人気車となり、1990年に生産を終了するまでの42年間に、累計510万台以上を販売して成功を収めた。

シトロエンはパリモーターショー2018において、シトロエン2CVが誕生70周年を迎えたと発表。シトロエンはパリモーターショー2018の来場者の目に留まるように、ブースの壁にオレンジ色の2CVを垂直に展示し、伝説の名車の誕生70周年を祝福。シトロエンは、2CVは現在でも自動車の歴史のアイコンであり、世界中で多くのコレクターに支持されている、としている。

2018年はシトロエン『2CV』が誕生して70周年という節目の年。恒例のイベントに加え、2CVのパレードラン…

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集