マツダ、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」に出展…VISION COUPEがVOGUE監修のアート写真と共演

東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース
  • 東京ミッドタウン・デザインタッチ2018でのマツダブース

マツダは、東京ミッドタウンで10月19日にスタートした「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」に出展。『VISION COUPE』を、ヴォーグ・イタリア選りすぐりの写真家たちによる13点の作品とともに展示している。

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトにしたイベント。デザインを通じて日常生活を豊かにすることを提案するもので、東京ミッドタウン の各所でさまざまな出展者による展示がおこなわれる。マツダの出展は今回で7年連続となる。

今回マツダは、2017年の東京モーターショーで公開したVISION COUPE(ビジョン・クーペ)とと、13点のアート写真でブースを構成。これは今年6月にマツダ・イタリアとヴォーグ・イタリアがミラノで開催したイベントを再現したものとなる。テーマは「Breathing Life into Things(モノに命を吹き込む)」というもので、カーデザインとアートを融合させつつ、空間そのものをアートにしようという試みだ。

ヴォーグ・イタリアは「命を宿した写真」を選び、それがビジョン・クーペのボディに映り込むことで、空間全体がひとつのインスタレーション作品となる。これはビジョン・クーペの、ボディに映り込んだ周囲の風景が躍動することで生命感を表現するデザインを際立たせるものだ。

19日には、マツダ常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏と、ヴォーグ・イタリアのゲストエディターを務めるアーカイブフォトディレクター、マイケル・ヴァン・ホーン氏のトークセッションも開催された。

このマツダとヴォーグによる展示は、東京ミッドタウンの1Fキャノピープラザで10月28日までおこなわれる。オープン時間は11時から19時まで。

《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

  • マツダの新型車、ティザーイメージ… アクセラ 次期型か? 画像 マツダの新型車、ティザーイメージ… アクセラ 次期型か?
  • マツダ CX-5 改良新型 SKYACTIV-G 2.5T を国内初導入、MT設定も…257万0400円より 画像 マツダ CX-5 改良新型 SKYACTIV-G 2.5T を国内初導入、MT設定も…257万0400円より
  • マツダ、ロータリーエンジンをEVレンジエクステンダーに…駆動用復活へ一歩 画像 マツダ、ロータリーエンジンをEVレンジエクステンダーに…駆動用復活へ一歩
  • 元マツダのデザイナー、究極のアナログスーパーカー目指す…ペブルビーチ2018 画像 元マツダのデザイナー、究極のアナログスーパーカー目指す…ペブルビーチ2018

特集