ベトナム初の自動車はセダンとSUV、デザインはピニンファリーナ…パリモーターショー2018

ビンファストLUX A2.0セダン(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX A2.0セダン(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX A2.0セダン(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX A2.0セダン(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX A2.0セダン(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX A2.0セダン(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX SA2.0 SUV(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX SA2.0 SUV(パリモーターショー2018)
  • ビンファストLUX SA2.0 SUV(パリモーターショー2018)

ベトナムに本拠を置くビンファスト(VinFast)は、フランスで開催中のパリモーターショー2018において、ベトナム初の独自ブランドの自動車『LUX A2.0セダン』と『LUX SA2.0 SUV』をワールドプレミアした。

ビンファストは、ベトナム初の独自ブランドの自動車の開発に際して、そのデザインをイタリアに本拠を置くピニンファリーナに依頼。ピニンファリーナはビンファストに、20種類の自動車デザインを提示した。ビンファストは、インターネットを通じて人気投票を実施。6万2000人以上が投票を行った結果、20種類のデザインの中から、最も人気の高かったSUVとセダンのデザインを選出した。

ビンファストは今回、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、ベトナム初の独自ブランドの自動車として、LUX A2.0セダンとLUX SA2.0 SUVをワールドプレミア。フロントグリルの「V」はベトナムとビンファストの頭文字を表すもの。ビンファストによると、フロントマスクは薄型のLEDヘッドライトと左右非対称のグリルが特徴という。

LUX A2.0セダンとLUX SA2.0 SUVには、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。LUX A2.0セダンの最大出力は176psと231psの2仕様。LUX SA2.0 SUVには、最大出力231ps仕様を搭載する。動力性能については、0~100km/h加速がLUX A2.0セダンは7.1~8.9秒、LUX SA2.0 SUVが8.9秒。

なお、ビンファストは2019年9月、このSUVとセダンをベトナムで発売する予定。その後、海外展開も計画している。さらに、EV、シティカー、EVバス、電動スクーターなども開発展開していく。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • インド初のスーパーカーに後継車「TCA」…デリーモーターショー2018で発表 画像 インド初のスーパーカーに後継車「TCA」…デリーモーターショー2018で発表
  • 【GLM G4】日本初のEVスーパーカー、2019年市販へ…想定価格4000万円 画像 【GLM G4】日本初のEVスーパーカー、2019年市販へ…想定価格4000万円
  • 【ジュネーブモーターショー2017】デンマーク初のスーパーカー、ゼンヴォ…10周年記念車を初公開予定 画像 【ジュネーブモーターショー2017】デンマーク初のスーパーカー、ゼンヴォ…10周年記念車を初公開予定
  • FOMMが目指す、新しい乗り物としての価値の確立 画像 FOMMが目指す、新しい乗り物としての価値の確立

特集