GT3レーサーのアウディ R8 LMS にエボリューションモデルが誕生…パリモーターショー2018

Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)
  • Audi R8 LMS GT3 (2019)

現地2日、アウディのGT3規定レーサー「R8 LMS」のエボリューションモデルがパリモーターショーにてワールドプレミアされた。来年1月から世界各地のGTレース戦線で走り始める見込み。

アウディのカスタマーたちが世界各地で使用、活躍している「R8 LMS」に新たなエボリューション版が誕生した。車両供給メーカー間の競争が激化している近年のGTレース(GT3規定車参戦レース)では、こういった新仕様の投入が戦局を大きく動かす可能性もあり、アウディは2019年のレースシーンに向けて一手を打った格好になる。

空力や冷却を中心に進化を果たし、その性能向上と同時に経済性も重視されたというR8 LMS エボリューションモデルは、最初のカスタマーへのセールスが11月、価格は39万8000ユーロ(約5200万円)+税とされる。現行車両へのエボリューションキットという対応も用意され、こちらは2万8000ユーロ(約370万円)+税。アウディ スポーツのカスタマーレーシングを統べるクリス・レインケ氏は、「カスタマーチームのニーズ、これを最重要視して開発を進めてきた」とコメントしている。

日本のSUPER GTシリーズでもR8 LMSはGT300クラスの主役の一台として長く活躍してきた(今季も参戦中)。今回のエボリューションモデルや、エボリューションキットによるアップデート車の同クラスへの登場も、来季以降、期待されるところだ。

《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集