エニカ、プラドとテントを展示する理由…カートラジャパン2018

エニカ(カートラジャパン2018/幕張メッセ/9月28日)
  • エニカ(カートラジャパン2018/幕張メッセ/9月28日)
  • エニカ(カートラジャパン2018/幕張メッセ/9月28日)
  • エニカ(カートラジャパン2018/幕張メッセ/9月28日)
  • エニカ(カートラジャパン2018/幕張メッセ/9月28日)
  • エニカ(カートラジャパン2018/幕張メッセ/9月28日)

DeNAが運営する個人間カーシェアのエニカ(Anyca)が、なぜ「クルマで遊ぶ。クルマに泊まる」のカートラベル祭典に出展? 「こうしたクルマのイベントに出展するのは初めて」というエニカ担当者に、その狙いを聞いた。

レンタカーとは異なるエニカは、個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービス。スポーツカーから痛車まで、全国の個人オーナーの多種多様、個性あるクルマたちを、「選んでリクエストして乗ってレビューを記して、あこがれのクルマを体験できる」というもの。

ブースには、トヨタ『ランドクルーザープラド』を中心に、テントや折りたたみ自転車が置いてある。このプラドやテントは、実はエニカに登録しているとあるオーナーのもの。「このオーナーは 最高で月のシェア売上が10万円を超えることもあり、車にかかる維持費軽減に 大きく貢献しています」とエニカ担当者。このプラドのエニカ24時間利用料金は、1日で8500円。

なぜこうしたSUVが利用する側(エニカでいう「ドライバー」)に人気なのか。担当者に聞くと、「人気のSUV系は、ロングで利用する人が多い。さらにこのオーナーの場合、自分のキャンプ用品をオプションで追加して、“手軽にキャンプができること”を売りにしている」と教えてくれた。

「このオーナーは、『スマホでリクエストするだけで、手軽にキャンプを体験できますよ』とアナウンスしてるんですね。こうしたオプションをはじめ、シェア料金、シェア条件も自由に設定できるのも、エニカのいいところ」(担当者)

なるほど、こうした利用実績や注目度があるから、エニカはカートラに出展したのか。さらに、エニカはここでも“つながり”を忘れてない。このブースでエニカに新規登録した人に、先着50人に限定オリジナルアルミボトルをプレゼント。さらに、エニカのオーナーとドライバーにはカートラジャパン限定クーポンも配布しているという。

《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集