どんなクルマでも明日からすぐバンライフが楽しめる「X-COVER」…カートラジャパン2019

バンライフやカートラベルとは言っても、そのためにクルマを買い替えるのは、躊躇してしまう話だ。カートラジャパン2019(20~22日、幕張メッセ)の会場にはいくつか、ルーフトップテントも紹介されていた。

中でも野趣あふれるトレーラーと併せて、兵庫県のウィードがルーフトップテント『X-COVER(Xカバー)』と『SKY CAMP(スカイキャンプ)2.0』を紹介していた。

「確かに最近は国産のものも含めて、素晴らしいキャンピングカーもたくさん販売されています。しかし、あまり装備が充実しすぎて、快適になりすぎると、『ホテルや旅館でもいいのでは?』となってしまうレベルのものも少なくありませんね。その点、ルーフトップテントは、もちろん既存の所有車に取り付けるだけでカートラベルに出かけられます。売りはもっとアウトドアの雰囲気を満喫できることと、それでありながら瞬く間に設営が完了できることです」

Xカバーは耐水性ポリコットンキャンバス製。昇降用のはしごを延ばしながら開くと設営完了。カタログにはわずか3分とうたわれている。スカイキャンプ2.0は改良され今年登場した最新モデル。構造はXカバーに近いが、ハードシェルが備わり、より空力性能が高まって、さらに素早い約1分での設営を可能にするという。

雨天時や、到着時間が夕方から夜になってしまったような場合、この「素早く設営できること」は実はかなり助かる性能だ。素早く簡単であることは、よりたくさん活用するきっかけにもつながる。

しかし、ルーフの上に載ったテントにばかり目を取られていたら、これも見てほしいと赤いスズキ『ジムニー』の前に案内された。「実はダムドの『リトルD』仕様を赤く塗ったモデルです。もちろんXカバー、ジムニーでも搭載いただけるのでそこももちろん見ていただきたいのですが、わたくし共ではこうしたスペシャルなカスタマイズのお手伝いもしています。今回、ルーフトップテントと併せて、実は見ていただきたい一台だったりするのです」と担当者は話す。

カートラベルにおいてクルマは道具。使い勝手がよく、自分の使い方にも合っていて、しかもカッコいい。こういう装備を探すのも、カートラベルの楽しみの一つと言えそうだ。

《中込健太郎》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース