スズキ、軽トラックの キャリイ 6台を寄贈 平成30年7月豪雨被災地などのボランティア活動を支援

自動車 ビジネス 企業動向
スズキ・キャリイ
  • スズキ・キャリイ
スズキは9月21日、平成30年7月豪雨や台風21号などの災害地域におけるボランティア活動を支援するため、作業車両として軽トラック『キャリイ』6台を社会福祉協議会に寄贈すると発表した。

災害現場では狭い道で機動性が高い軽トラックの需要が高く、ボランティアスタッフが使用する作業機材運搬車両として活用されている。今回、地域ボランティアグループや社会福祉協議会等が行う地域福祉活動の支援、各市町村の災害ボランティアセンターの助成等を行っている中央共同募金会よりスズキに要請があり、キャリイ6台(総額500万円相当)の寄贈を決定した。

寄贈するキャリイは岡山県倉敷市、愛媛県今治市、宇和島市、大洲市、西予市の社会福祉協議会で長期の災害支援に活用してもらう。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集