三菱ふそう、自動運転レベル2搭載の大型トラックを2019年発売へ

自動車 テクノロジー 安全
メルセデスベンツ・アクトロス新型
  • メルセデスベンツ・アクトロス新型
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は9月20日、大型トラック『スーパーグレート』に「レベル2」の自動運転機能を搭載し、2019年より発売すると発表した。

レベル2の自動運転システムは、同じダイムラーグループのメルセデスベンツがハノーバーモーターショー2018で発表した大型トラック『アクトロス』に搭載されたアクティブ・ドライブ・アシスト(ADA)とアクティブ・ブレーキ・アシスト5(ABA5)。ブレーキ、アクセル、およびステアリングを個別に制御する。両システムは、ふそうの実績ある定速走行・車間距離制御装置をもとに構築。特定の速度でのみ作動するシステムとは異なり、運転を部分的に自動制御する。

ADAは、ストップ&ゴー制御機能や車線維持アシスト機能に加え、アクティブ緯度制御機能や、レーダーとカメラから得られる情報を融合して縦方向と横方向の動きを制御する機能を追加。ドライバーの負担を大幅に軽減し、安全性向上に寄与する。

ABA5は前方車を含む障害物への衝突の危険が迫った時に必要に応じてフルブレーキ(急ブレーキ)を自動的に作動し、ドライバーを支援。レーダーやカメラシステムと連携するようになり、車両前方の空間をより正確に監視し、路上の歩行者への対応精度を向上させた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集