VWの次世代EV『I.D.』に商用車、航続550km以上…ハノーバーモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン I.D. BUZZ カーゴ(ハノーバーモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン I.D. BUZZ カーゴ(ハノーバーモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン I.D. BUZZ カーゴ
  • フォルクスワーゲン I.D. BUZZ カーゴ
  • フォルクスワーゲン I.D. BUZZ カーゴ
  • フォルクスワーゲン I.D. BUZZ カーゴ
フォルクスワーゲンは9月19日、ドイツで開幕したハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において、コンセプトカーの『I.D. BUZZカーゴ』(Volkswagen I.D.BUZZ Cargo)を初公開した。

『I.D.』は、フォルクスワーゲンの次世代EVシリーズの名称。フォルクスワーゲンは2020年、最初のI.D.ファミリーとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトな4ドアEVの『I.D.』を発売する予定。これに続いて、SUVセグメントには『I.D. CROZZ』を投入する計画。さらに、MPVの『I.D. BUZZ』が順次、市場に投入されることが決まっている。

MPVのI.D. BUZZの商用バージョンとして、ハノーバーモーターショー2018で初公開されたのが、コンセプトカーのI.D. BUZZカーゴ。車台には、フォルクスワーゲンの新開発電動車向けモジュラープラットフォーム「MEB」を採用。ボディサイズは、全長5048mm、全幅1976mm、全高1963mm、ホイールベース3300mmとした。

EVパワートレーンは、モーターが最大出力204hpを発生。最高速160km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は48kWh。大容量の111kWh仕様の搭載も可能。1回の充電での111kWh仕様の航続は、WLTP計測モードで550km以上の性能を備える。

I.D. BUZZカーゴは、出力150kWの急速チャージャーが利用可能。バッテリーの80%の容量なら、蓄電容量48kWh仕様なら15分、111kWh仕様なら30分で充電が完了する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集