テスラ ロードスター 新型、0-96km/h加速1.9秒…欧州仕様を発表

エコカー EV
テスラ ・ロードスター 新型(グランドバーゼルモーターショー2018)
  • テスラ ・ロードスター 新型(グランドバーゼルモーターショー2018)
  • テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
  • テスラ・ロードスター新型
米国のEVメーカー、テスラは9月8~9日、スイスで開催されたグランドバーゼルモーターショー2018において、新型テスラ『ロードスター』(Tesla Roadster)の欧州仕様車を初公開した。

2008年に発売された初代ロードスターは、テスラの原点となったEV。英国のスポーツカーメーカー、ロータスの『エリーゼ』の車台をベースに、テスラ独自のEVパワートレーンを搭載。その後の『モデルS』、『モデルX』の成功の基礎を築いたのが、初代ロードスターだった。

新型ロードスターは、2世代目モデル。初代とは異なり、テスラのオリジナルデザイン。また、新型では、頭上のガラスルーフを脱着するタルガトップを採用する。後席にシートを設けた4名乗りという点も、2シーターだった初代との違い。

新型の動力性能は、大幅に進化した。モーターやバッテリーなどのスペックは公表されていないが、0~96km/h加速は1.9秒、最高速は400km/h以上。1回の充電で、およそ1000kmの航続を可能にしている。

テスラは今回、スイスで開催されたグランドバーゼルモーターショー2018において、新型テスラ ロードスターの欧州仕様車を初公開。白いボディカラーをまとった新型ロードスターを初公開し、欧州の顧客に対してアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • アウディのEVスポーツ、3モーターで775hp…0-100km/h加速は2秒未満 画像 アウディのEVスポーツ、3モーターで775hp…0-100km/h加速は2秒未満
  • ピニンファリーナのEVハイパーカー『PF0』、プロトタイプの画像公開 画像 ピニンファリーナのEVハイパーカー『PF0』、プロトタイプの画像公開
  • ポルシェ初の市販EV『タイカン』、誘導充電を導入へ…2020年ごろ 画像 ポルシェ初の市販EV『タイカン』、誘導充電を導入へ…2020年ごろ
  • ダイソン、新型EV開発のテストコース建設へ…160km/h以上の高速走行も可能 画像 ダイソン、新型EV開発のテストコース建設へ…160km/h以上の高速走行も可能

特集