15万人のライダーが大集結…ハーレー115周年イベントは、まさに「USA」なスケールだった

モーターサイクル エンタメ・イベント
ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
  • ハーレーダビッドソン 115th アニバーサリー・ミルウォーキー
1903年の創業以来、ハーレーダビッドソンが本拠を構える米国ウィスコンシン州ミルウォーキーでは、節目ごとに盛大なイベントがおこなわれている。5年刻みの周期で開かれ、115周年を迎えた今年は8月29日~9月2日の5日間に述べ15万人のライダーが集まった。

なぜハーレー乗りは集まるのか…!? わかる気がした


ミルウォーキーはシカゴの北方130kmに位置し、ミシガン湖に面する州第一の商工業都市。中心部は空港からクルマで20分程度と近い。木曜日に到着すると、街はすでにハーレーダビッドソンであふれかえり、日曜日まで昼夜を問わずVツインサウンドが鳴り響く。

街路にもショッピングモールにも、いたるところに「WELCOM BIKERS」のバナーと「BIKE PARKING ONLY」のサインが掲げられ、街全体がライダーを歓迎している。まるでライダー天国ではないか……その光景に目を疑う。日本では何かと邪魔者扱いされるバイクだから、日本人としては信じがたい。

独特の文化がそこには根づいている


ライダーは全米からはもちろん、国境を接するカナダやメキシコからも集まってくる。さらにヨーロッパ各国、ブラジル、インドネシア、中国、台湾、そして日本からも海を越えてファンが来ているから驚く。

それにしてもハーレー乗りは、お祭り好きだ。ハーレーダビッドソンというモーターサイクルを通じて、年齢や住む場所、肌の色など問わず仲間意識が芽生える。これは少し特殊かもしれない。実際、筆者もハーレーダビッドソンのロゴの入ったTシャツを着ているだけで、ライダーから握手を求められ「どこから来た?」とスマイルで問いかけられ、その輪に入れてもらえる。これはある種の文化、ハーレー特有のカルチャーだという人もファンの中には数多くいる。

見て回るだけで時間が足りない! 充実のプログラム


街全体がお祭り騒ぎの様相だが、公式会場も決められている。ハーレーダビッドソン本社はもちろんのこと、街の中心近くにあるハーレーダビッドソンミュージアム、そして湖畔の大きな公園や地元の7つのディーラーなどがそうで、それぞれでロックフェスのような音楽ライブが行われていたり、試乗会などさまざまなプログラムが用意されているのだ。

さらにレースイベントが充実していた。ミシガン湖畔では黎明期のモーターサイクル競技を再現したビーチレースが2日間にわたって開催されていた。オーバルトラックでは、1930年代の貴重なマシンも砂煙を上げてバトルを繰り広げ、観衆らを熱狂させている。ライダーのファッションも当時をオマージュしたもので、見ているとタイムスリップしたかのような気持ちになってしまう。

金曜日の夜には、街の中心にあるアリーナでフラットトラックレースがおこなわれた。ショートトラックで大排気量のハーレーが、ハンドルをぶつけ合うほどのドッグファイト。多重クラッシュも頻発し、会場は熱狂的なほどにヒートアップしていく。

アメリカのモータースポーツといえばドラッグレースも欠かせない。0-400メートルをスロットル全開で駆け抜ける1対1の勝負という単純明快さで、人気は衰えない。ハーレーにはドラッグレーサーをモチーフにしたモデルも多く、切っても切れない縁がある。

モータースポーツとともにあるハーレーを再認識


シンプルさならヒルクライムも負けていない。スキー場を利用したレース場では、急斜面をハーレーが駆け上がっていた。ドラッグレース同様、単純明快さがあり、見ていて飽きない。レースイベントを見て回るだけで、イベントウィークはあっという間に過ぎ去っていく。

フラットトラックレースにせよドラッグレースにせよ全米選手権がおこなわれ、ハーレーダビッドソンはファクトリーチームが昔から参戦し続けている。だからアメリカのハーレー乗りにとってレースはとても身近な存在で、Vツインエンジンにレーシングスプリットが宿ることをよく知っている。日本では“ハーレー=ノンビリ走る”もので、モータースポーツと縁遠いと誤解されがちだが決してそうではないのだ。かつてはロードレーサーもあったことは、コアなファンなら承知のはずだろう。

日曜日は6000台規模のパレードが行われ、その幕を下ろしたが、4種ものレースを開催した今回の115周年セレブレーションイベントは、ハーレーダビッドソンのレーシングスプリットを改めて強く主張するかのような印象を受けた。もしや、コンペティションな匂いのするモデルも今後登場予定なのか……!? 楽しみになってくる。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

  • ハーレーダビッドソン、2019年モデル発表…ドラッグスタイルの「FXDR114」に、Siri使える新型も 画像 ハーレーダビッドソン、2019年モデル発表…ドラッグスタイルの「FXDR114」に、Siri使える新型も
  • バイクにもついにEV時代到来か!? 最新の電動バイクを比較試乗…普及への道のりは 画像 バイクにもついにEV時代到来か!? 最新の電動バイクを比較試乗…普及への道のりは
  • 「不二子ちゃんになりたい」ミス・ユニバース千葉の一ツ山里紗さんが今、バイクに乗りたい理由 画像 「不二子ちゃんになりたい」ミス・ユニバース千葉の一ツ山里紗さんが今、バイクに乗りたい理由
  • 【ホンダ モンキー125 試乗】立派に“成長”した姿にホンダの執念を感じる…青木タカオ 画像 【ホンダ モンキー125 試乗】立派に“成長”した姿にホンダの執念を感じる…青木タカオ

特集