山陽本線広島貨物ターミナル以西の貨物列車は9月9日に再開へ 平成30年7月豪雨

鉄道 企業動向
9月9日以降は山陽本線内の運行見合せが東福山~広島貨物ターミナル間のみとなるJR貨物の貨物列車。
  • 9月9日以降は山陽本線内の運行見合せが東福山~広島貨物ターミナル間のみとなるJR貨物の貨物列車。
JR貨物は9月4日、平成30年7月豪雨で貨物列車の運行を見合わせている山陽本線東福山~新南陽間のうち、広島貨物ターミナル~新南陽間の運行を9月9日に再開すると発表した。

これはJR西日本が、同日に山陽本線柳井~下松間の運行を再開することに合わせたもので、JR貨物では大竹・岩国・宇部・下関の各駅を発着する貨物の受付を再開する。

これにより残る運行見合せ区間は、東福山~広島貨物ターミナル間105.6kmのみとなり、10月中の再開が予定されている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集