プジョー 308、クリーンディーゼル車に限定モデル 安全・運転支援装備を強化

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー『308アリュールBlueHDi』(Peugeot 308)に安全・運転支援テクノロジーを強化した特別仕様車「テックパックエディション」を設定し、8月30日より130台限定で販売を開始した。

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー308アリュールBlueHDi テックパックエディション
  • プジョー308アリュールBlueHDi テックパックエディション
  • プジョー308アリュールBlueHDi テックパックエディション
  • プジョー・ミラースクリーン
  • アクティブブラインドスポットモニター
  • 9スピーカーHi-Fiオーディオ
プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー『308アリュールBlueHDi』(Peugeot 308)に安全・運転支援テクノロジーを強化した特別仕様車「テックパックエディション」を設定し、8月30日より130台限定で販売を開始した。

ベースモデルモデルは、1.6リットル・ターボディーゼルエンジンと高効率EAT6を組み合わせ、19.9km/リットル(JC08モード)の低燃費とトルクフルな走りを実現する308 アリュール BlueHDiだ。限定モデルは、アクティブブラインドスポットモニターとパークアシストといった安全・運転支援機能に加え、Apple CarPlayに対応するスマートフォン接続機能「プジョー ミラースクリーン」を装備。このほか、デノンの9スピーカーHi-Fiオーディオやパノラミックガラスルーフ、17インチ専用アロイホイールを採用している。

価格は5ドアハッチバックが309万円、ステーションワゴンが338万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集