三菱 アウトランダー 一部改良、内外装のデザイン変更など

自動車 ニューモデル 新型車
三菱 アウトランダー
  • 三菱 アウトランダー
三菱自動車はミッドサイズSUV『アウトランダー』を一部改良し、8月23日より販売を開始した。

今回の改良では、ヘッドライト内部のデザイン変更と同時にハイビームにLEDを採用したほか、ラジエターグリル、フロントスキッドプレート、リヤスキッドプレート、アルミホイールのデザインを変更し、質感を向上させた。

インテリアでは、オーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更したほか、ロアコンソールやインパネ、ドアトリム部のオーナメントパネルに高級感のあるデザイン柄を採用。シート、ドアトリム、コンソールアームレスト、メーターフード、ステアリングホイール、シフトノブにシルバーステッチを施すことで、上級感を高めた。

さらにフロアコンソールに後席用のエアコン吹き出し口を追加するなど、質感の向上と快適性を高めたほか、構造用接着剤の塗布により車体剛性を高め、ショックアブソーバーとステアリングギヤを改良し、走行時の質感を向上させた。

安全面では、衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)と誤発進抑制機能(前進及び後退時)を標準装備。全車「サポカーSワイド」に該当した。

価格は266万8680円から335万6100円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集