ボルボ初の3気筒を XC40 に搭載、燃費は16.2km/リットル…欧州で設定

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボカーズ初の3気筒エンジン
  • ボルボカーズ初の3気筒エンジン
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
  • ボルボXC40
ボルボカーズは8月21日、新型コンパクトSUVのボルボ『XC40』(Volvo XC40)に、新開発の直噴1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン搭載車を欧州で設定すると発表した。

ボルボカーズにとって、3気筒エンジンの設定は、同社の歴史で初めて。新世代の「ドライブE」の4気筒ガソリンエンジンから、1気筒削ったモジュラーユニットとして開発された。

この直噴1.5リットル直列3気筒エンジンを搭載するXC40は、「T3」グレードと命名。最大出力は156hp/5000rpm、最大トルクは27kgm/1850~3850rpmを引き出す。

トランスミッションは6速MTが標準で、遅れて8速ATが追加される予定。動力性能は0~100km/h加速が9.4秒。欧州複合モード燃費は16.2km/リットル、CO2排出量は144g/kmと公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集