スープラ 新型、トヨタ最後の内燃機関搭載スポーツカーか…チーフエンジニア談

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ スープラ 新型のプロトタイプと多田氏
  • トヨタ スープラ 新型のプロトタイプと多田氏
  • トヨタ スープラ 新型のプロトタイプと多田氏
  • トヨタ スープラ 新型のプロトタイプ
  • トヨタ スープラ 新型のプロトタイプ
  • トヨタ スープラ 新型のプロトタイプ
トヨタ自動車の米国部門は7月25日、新型『スープラ』(Toyota Supra)の市販モデルに関して、トヨタのGR開発統括部のチーフエンジニアであり、新型スープラの開発責任者の多田哲哉氏へのインタビュー内容を公開した。

トヨタのFRスポーツカー、『86』の開発を主導したことで知られる多田氏。現在は、トヨタのGR開発統括部のチーフエンジニアであり、新型スープラの開発を統括している。

多田氏の発言で注目されるのは、新型スープラがトヨタの純粋な内燃機関搭載の最後のスポーツカーになる可能性を示唆した点。新型スープラ以降に登場するトヨタのスポーツカーは、ハイブリッドなど、何らかの電動化技術を搭載することになると見られる。

多田氏は、「現在、自動車業界では自動運転や電動化、AI(人工知能)が話題の中心。規制が厳しくなることで、エモーショナルな車を作ることがどんどん難しくなっている。新型スープラが純粋なガソリンエンジンによる官能的な音を楽しめる最後のトヨタ車になるのではないかと思う」と語っている。

新型『フォレスター』には、ドライバーの動きを検知して安全運転を支援するドライバーモニタリングシステムが新たに採…
《森脇稔》
【画像】スープラ 新型、トヨタ最後の内燃機関搭載スポーツカーか…チーフエンジニア談(5枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース