日産、コーナン100店舗にe-シェアモビのステーション設置へ

エコカー EV
NISSAN eシェアモビ
  • NISSAN eシェアモビ
  • NISSAN eシェアモビ
日産自動車とコーナン商事は7月24日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」で協業、コーナン100店舗にステーションを設置すると発表した。

NISSAN eシェアモビは今年1月からスタートした、『リーフ』や『ノートe-POWER』の上位グレードを使ったカーシェアリングサービス。先進技術や電動駆動車ならではの力強い加速感を体験できることに加え、15分単位から利用できる手軽さなどが高い評価を受けている。

今回の取り組みではコーナン店舗駐車場エリアを活用し、e-シェアモビのステーションを設置する。コーナン利用客や店舗近隣住民にe-シェアモビを通じて、日産のEVやe-POWERを体感してもらうことが狙いだ。

7月27日より、コーナン弁天町店(大阪市)、堺三国ヶ丘店(大阪府堺市)、杭瀬店(兵庫県尼崎市)の3か所にステーションを新設し、今後も順次拡大していく。両社は2018年度中にコーナン全店舗の約3分の1を占める、100店舗の駐車場エリアにeシェアモビのステーションを設置。また、リーフのステーションにはEV充電器を設置し、EVのさらなる普及を促進していく。

また、7月31日まではサービス開始を記念し、月額基本料1000円や初回利用の際の15分間が無料になるキャンペーンを実施しており、8月以降も新たに月額基本料が無料となるキャンペーンをスタートする。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集