マクラーレン P1レーサーに公道仕様、グッドウッド2018で初走行[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
マクラーレンP1GT(グッドウッド2018)
  • マクラーレンP1GT(グッドウッド2018)
  • マクラーレンP1GT(グッドウッド2018)
  • マクラーレンP1GT(グッドウッド2018)
Lanzante Motorsportは7月12~15日、英国で開催中の「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」(Goodwood)において、マクラーレン『P1 GT』(McLaren P1 GT)を初公開し、同車をヒルクライムに出走させた。

Lanzante Motorsportといえば2017年、同社が開発したマクラーレン『P1 LM』がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、当時の市販車最速の6分43秒2のラップタイムを打ち立てたのが記憶に新しい。

P1 LMは、マクラーレンオートモーティブのサーキット専用車、マクラーレン『P1 GTR』をベースに、Lanzante Motorsportが公道走行できるように変更を加え、ナンバープレートを取得した市販車。

P1 GTRの3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンエンジンは、排気量を4.0リットルに拡大。最大出力1000bhp、最大トルク107kgmを発生する。60kgの軽量化と空力性能の向上も果たす。最高速は345km/h(リミッター作動)の性能を持つ。

Lanzante Motorsportは、グッドウッドフェスティバルオブスピード2018において、マクラーレンP1 GTを初公開。P1 LMに続いて、マクラーレンP1GTRがベース。1990年代、モータースポーツで活躍したマクラーレン『F1 GTロングテール』をモチーフに開発された。

ロングテールの名前の通り、車体のリアエンドを後方に延長。この部分に大型リアウィングを固定し、エアロダイナミクス性能を引き上げた。ディフューザーやフロントリップスポイラーも専用設計。この他、内外装は顧客の嗜好を反映させて、グリーン基調としている。

このP1GTが、グッドウッド名物のヒルクライムで初走行。全長およそ1.9kmのコースで、パフォーマンスを披露している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集