平成30年7月豪雨被災地、運転免許の有効期間を2018年11月30日まで延長

自動車 社会 行政
平成30年7月豪雨(7月10日、岡山県倉敷市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、岡山県倉敷市) (c) Getty Images
  • 警察庁
警察庁は、平成30年7月豪雨の被災者に運転免許の有効期間を延長すると発表した。

災害は特定非常災害特別措置法に基づく特定非常災害に指定された。このため、対象地域の住民は、運転免許証などの許認可について、2018年6月28日以降に満了となるものについての有効期間を2018年11月30日まで延長した。

対象地域は全国で広島県や岡山県、京都府、愛媛県、岐阜県など、11府県61市37町4村。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 車検の有効期間を延長、広島と岡山の一部地域で 平成30年7月豪雨 画像 車検の有効期間を延長、広島と岡山の一部地域で 平成30年7月豪雨
  • 警察庁、がん患者の免許証の写真に配慮するよう通達 画像 警察庁、がん患者の免許証の写真に配慮するよう通達
  • ことし最も注目されたカー用品は!? 「用品大賞」表彰式 画像 ことし最も注目されたカー用品は!? 「用品大賞」表彰式
  • どうしたホンダ? 都市対抗出場の狭山、鈴鹿、熊本の3代表1回戦で敗退[新聞ウォッチ] 画像 どうしたホンダ? 都市対抗出場の狭山、鈴鹿、熊本の3代表1回戦で敗退[新聞ウォッチ]

特集