トヨタ スープラ 新型、直6搭載が確定…プロトタイプをグッドウッド2018で発表予定

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ スープラ 新型のプロトタイプとGRスープラ・レーシングコンセプト
  • トヨタ スープラ 新型のプロトタイプとGRスープラ・レーシングコンセプト
トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは7月9日、英国で7月12日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、新型『スープラ』(Toyota Supra)のプロトタイプを初公開すると発表した。

新型スープラに関しては2018年春、ジュネーブモーターショー2018において、『GRスープラ・レーシングコンセプト』が初公開。グッドウッドフェスティバルオブスピード2018では、レーシングカーではなく、市販版の新型スープラのプロトタイプがワールドプレミアされる。

同時に、トヨタモーターヨーロッパは、新型スープラの一部情報を公表。エンジンはスープラの伝統に従い、直列6気筒ユニットをフロントに搭載し、後輪を駆動するという。

また、トヨタモーターヨーロッパは、新型スープラのプロトタイプ車の新たなティザーイメージを配信。車体のカモフラージュは、トヨタGAZOOレーシングのブラック、レッド、ホワイトの3色を使用したものになるという。

なお、トヨタモーターヨーロッパは、新型スープラの市販モデルは2019年前半(1~6月)に発売予定、としている。

当時は輸入車をメインに取り扱う中古車販売店がほとんどなかったため、現社長の…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集