トヨタ クラウン 新型、デンソーテンの「次世代プレミアムサウンドシステム」を採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

デンソーテン 次世代プレミアムサウンドシステム
  • デンソーテン 次世代プレミアムサウンドシステム
  • トヨタ・クラウン新型
  • システム概要
  • スピーカー搭載位置
  • 音の補正イメージ
デンソーテンは、同社の「次世代プレミアムサウンドシステム」が、トヨタが6月26日に発売した新型『クラウン』の「トヨタプレミアムサウンドシステム」として採用されたと発表した。

次世代プレミアムサウンドシステムは、16個のスピーカーと12chオーディオアンプで構成。「原音に対して正確な音の再生+立体空間再生」をコンセプトに、信号処理技術やスピーカー自体の材質・形状の設計など、ソフトとハードの両面で、ホームオーディオ事業で培ったノウハウを応用して開発した。

同システムは、車室内で発生するガラスの不要反射音やドアの不要振動音などによる音の乱れを、信号処理で制御・補正し、元の音源をより正確に再現。また、車室内に最適レイアウトされた16個のスピーカーにより、実際の演奏会場にいるかのようなリアルな音響空間を演出する。

今回、上質なホームオーディオで聴いているような明瞭度の高い音質が評価され、新型クラウンのトヨタプレミアムサウンドシステムとして採用された。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集