京都鉄道博物館で新旧の「トワイライト」を展示 6月16・17日…初日は「瑞風」の入線シーンも公開

鉄道 企業動向

京都鉄道博物館で展示される『トワイライトエクスプレス瑞風』の展望車。
  • 京都鉄道博物館で展示される『トワイライトエクスプレス瑞風』の展望車。
JR西日本は6月16・17日、クルーズトレイン『トワイライトエクスプレス瑞風』の運行開始1周年を記念して、京都鉄道博物館(京都市下京区)に新旧の『トワイライトエクスプレス』を展示する。

『トワイライトエクスプレス瑞風』は「87系」と呼ばれる気動車で、 A個室寝台の「ロイヤルツイン」「ロイヤルシングル」「ザ・スィート」、ダイニングカー(食堂車)の「ダイナープレヤデス」、ラウンジカーの「サロン・ドゥ・ルゥエスト」、展望車からなる10両編成。

『トワイライトエクスプレス瑞風』のうち、展示される車両は、両端に連結されている展望車(キイテ87形)のうちの1両と中間車両のうちの1両で、2015年まで大阪~札幌間の寝台特急『トワイライトエクスプレス』を引いていたEF81形電気機関車1両と収蔵車両であるオハ25形551号(ラウンジカー)も連結状態で展示される。

6月16日は10時30分頃から公開され、同日に限り、『トワイライトエクスプレス瑞風』の入線シーン公開や展示車両の入換作業が行なわれる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集