シトロエン初のPHV、C5エアクロス に設定へ…2019年

エコカー EV

シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
  • シトロエンC5エアクロス
シトロエンは5月24日、『C5エアクロス』に2019年、シトロエンブランド初のプラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

C5エアクロスは、Cセグメントに属するSUV。2017年秋、欧州市場に投入された『C3エアクロス』の上級モデルに位置付けられる。

シトロエンが属するPSAグループは、新経営戦略「Push to Pass」において、2021年までに、新型の環境対応車を合計11車種発売する計画。環境対応車11車種の内訳は、EVが4モデル、PHVが7モデル。PSAグループは、PHVの開発と市場投入に力を入れている。

この戦略に沿う形で2019年の末、C5エアクロスにPHVを設定する予定。ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたPHVになると見られている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集