MotoGP 日本GPで「ビクトリースタンドラウンジ」登場、ゆったり寛げる新ホスピタリティエリア

モーターサイクル エンタメ・イベント
ビクトリースタンドラウンジ
  • ビクトリースタンドラウンジ
ツインリンクもてぎは、10月19日から21日に開催する「2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」に、新ホスピタリティエリア「ビクトリースタンドラウンジ」を新設、6月9日より前売り券の販売を開始する。

新登場のビクトリースタンドラウンジは、メインストレートの目の前にあるビクトリースタンド(V席)に隣接。迫力あるエンジンサウンドを感じながら、ビュッフェやスペシャルゲストによるトークステージなどを快適な室内でゆったりと楽しむことができる。

前売りチケットには、大型ビジョンにより様々なシーンを見逃すことのないV席観戦指定席と観戦券も含まれ、スタートとゴールシーンは目の前で見ることができる。また、今年、初開催となる表彰式でのコース開放イベント「セレブレーションアリーナ」にも参加できる。

チケットは6つに分かれたV席すべてのエリアとV席内にある各応援席の全14シートから好みに合わせて選ぶことができる。価格はV1/4/5席、ロッシオフィシャルファンクラブグッズ付きシート、マルク・マルケス/中上貴晶選手/SUZUKI/ドゥカティ応援席が8万円。V2/3/6席、MICHELINシート、KTM/aprilia応援席が7万8000円。全120席でツインリンクもてぎ オンラインショップ「モビリティステーション」での限定発売となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集