BMW X1、一部モデルの装備充実 コンフォートパッケージの標準化など

自動車 ニューモデル 新型車

BMW X1
  • BMW X1
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『X1』の一部のモデルに機能を追加し、5月23日より販売を開始した。

「X1 sDrive18i」は、駐車や車庫入れをサポートする「パーキングディスタンスコントロール(PDC)」および「パーキングアシスト」を標準装備とした。

「X1 xDrive20i」全モデルは、「コンフォートパッケージ」を標準装備。ボタン操作ひとつでテールゲートが開閉できる「オートマチックテールゲートオペレーション」、冬のドライブを快適にする「フロントシートヒーティング(運転席&助手席)」、ラゲージルームからボタン操作ひとつで後席バックレストを倒しラゲージルームを広くできる「リヤシートバックレストのリリース機能」、足元のスペースやラゲージルームの容量を増やすことができる「スライディングリヤシート(リヤシートバックレスト角度調節機能付)」が追加となる。

「X1 xDrive18d Mスポーツ」「X1 xDrive20i Mスポーツ」「X1 xDrive25i Mスポーツ」は、パドルシフト付きの8速スポーツオートマチックトランスミッションを標準装備とする。

価格は420万円から628万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集