三菱自動車、エクリプスクロス に採用した最新技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
三菱 エクリプスクロス
  • 三菱 エクリプスクロス
  • 三菱自動車 ブースイメージ
三菱自動車は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展、新型コンパクトSUV『エクリプスクロス』に採用した技術を紹介する。

三菱自動車ブースでは、エクリプスクロスを展示するほか、商品特長を実物展示やパネル解説によりわかり易く紹介する。SUVとしての機能性を妥協せずクーペスタイルを実現したエクステリアやインテリアの特長を解説。従来型2.4リットル自然吸気エンジンを凌ぐ中低速トルクを発揮する新開発1.5リットル直噴ガソリンターボエンジンを実物展示するほか、ドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現する車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を解説する。さらに、薄型のスマートフォン連携ディスプレイオーディオ「SDA」の各種機能を紹介する。

また、コネクティッドカーサービスの一つとして、エクリプス クロス北米仕様に搭載している「Amazon Echo」と「Google Home」のスマートスピーカーを参考出品。米国を中心に普及が進むスマートスピーカーだが、今回は自動車の連携機能として、ヘッドライトの点灯、車内の温度調節、ドアをロックする機能などのデモンストレーションを行う。

さらにエクリプスクロスは、主催者企画である最新技術搭載車の試乗体験コーナーにも出展。クーペSUVの力強い加速フィーリングと軽快なハンドリングを確認できる。

ブリヂストンは、同社が技術支援するパラアスリートの一人である、パラトライアスロンの秦由加子選手がラン…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集