フィアット 500、コーションラベルの記載不十分で保安基準に適合せず リコール

自動車 テクノロジー 安全

フィアット500
  • フィアット500
  • 改善箇所
FCAジャパンは5月11日、フィアット『500』の非常信号用具に係わるラベルの記載が不十分であるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年1月23日~4月10日に輸入された160台。

グローブボックス内に非常信号用具を取り付けた車両にて、コーションラベルの記載内容に関する確認が不十分なため、非常信号用具の格納場所に係わる記載がされておらず、道路運送車両法の保安基準に適合しない。

改善措置として、全車両、運転者席側サンバイザに非常信号用具の取付位置を示す対策ラベルを追加貼付する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。自動車技術総合機構からの指摘により届け出た。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集