アウディ、ニュル24時間で5度目の総合優勝目指す…3つのシリーズに参戦へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディR8 LMS
  • アウディR8 LMS
  • アウディR8 LMS GT4
  • アウディRS3 LMS
アウディは、5月10日~13日にドイツで開催される「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」の参戦体制を発表した。今年は初めて、カスタマーチームのレーシングカーが、3つの異なるレースシリーズに参戦する。

従来、アウディスポーツ・カスタマーレーシングは、ニュルブルクリンクでトップクラスのラップタイムを記録。アウディスポーツは、2012年、2014年、2015年、2017年に「R8 LMS」で総合勝利。さらに2009~2011年の間には、GT3クラスで3連勝を成し遂げた。

今年で10回目の参戦となるアウディスポーツ・カスタマーレーシングは、すべてのモデルラインナップを送り込む。目標は、5回目の総合優勝となる。

GT3クラスには、7台の「R8 LMS」がエントリー。合計12人のドライバーを擁するアウディスポーツの4チーム、BWT、Land、Phoenix、WRTが、総合優勝を目指して戦う。

また、アウディスポーツ・カスタマーレーシングプログラムが擁する他の2つのモデルもエントリー。Team Phoenix Racingは、1月のドバイ24時間レースで優勝した後、今回のニュルブルクリンクのレースに「R8 LMS GT4」で参戦することを決定。Team Bonk MotorsportとProsport Performanceは、それぞれ1台の「RS 3 LMS」をエントリーして、TCRクラスでの優勝を目指す、としている。

ラリー競技でドライバーの道案内をするという重要な役割を果たすコ・ドライバー。緑と白のレーシングスーツを纏った…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集