日産、リチウムイオン電池事業の売却を延期

自動車 ビジネス 企業動向

日産リーフに搭載されているリチウムイオン電池(参考画像)
  • 日産リーフに搭載されているリチウムイオン電池(参考画像)
日産自動車は、リチウムイオン電池事業の売却を6月29日に延期すると発表した。

日産はNECとのリチウムイオン電池の合弁会社のオートモーティブエナジーサプライの事業を、中国のファンドであるGSRキャピタルグループが設立したGSRエレクトリックビークル(UK)ホールディングに売却することで合意、4月27日付けで完了する予定だった。

しかし、取引実行に必要な条件を満たされていないことから株式売却を6月29日に延期することで合意した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集