自動運転の開発動向や今後の方向性---国交省がシンポジウムを開催 5月23日

自動車 テクノロジー ITS
BMWグループの自動運転車(参考画像)
  • BMWグループの自動運転車(参考画像)
  • ホンダの自動運転実験車(参考画像)
国土交通省は、一般ユーザーや業界関係者を対象に自動車メーカーの自動運転技術の開発動向や、自動運転の実現に向けた今後の車両安全対策の方向性について紹介する「自動車安全シンポジウム(第19回)」を5月23日、パシフィコ横浜で開催すると発表した。

国土交通省では、自動車安全対策の推進に向けて一般ユーザーや業界関係者の理解を得るとともに、意見を集めるため、2000年度から毎年、自動車安全シンポジウムを開催している。

シンポジウムでは「自動運転の実現に向けた今後の車両安全対策のあり方について」をテーマに、自動車メーカーにおける自動運転技術の開発動向や、自動運転の実現に向けた車両安全対策の実施状況、今後の方向性について紹介する。

シンポジウムへの参加者を募集する。定員は600人で参加は無料。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集