10年ぶり! スバルWRカーがお台場を駆け抜けた…モータースポーツジャパン2018

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
東京・お台場で行われた「モータースポーツジャパン2018 フェスティバル イン お台場」で、往年のSUBARU(スバル)WRカーが登場。迫力あるデモ走行を披露した。

今回、スバル60周年を記念して、レジェンド・オブ・ザ・スバル」とい企画展を会場内で実施。スバルの歴史を彩ってきた名車が集った。さらに展示車両の1台でもあった1998年のWRCマシン、スバル『インプレッサWRC1998』がデモ走行を披露した。

ステアリングを握ったのは、スバルを代表するラリードライバーでWRCの経験もある新井敏弘。スバルのWRカーがモータースポーツジャパンで疾走するのは約10年ぶりとのことで、このマシン自体も現役から約20年近く経っているマシンではあるが、当時と変わらぬ迫力ある走りを披露。デモ走行を終えた新井も「10年ぶりの走行でしたが、今でも現役と言ってもいいくらい、マシンの調子は良かったです」とコメントしていた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集